【イベントレポ】アーユルヴェーダ染・いのちのころも 展示予約会






みなさまこんにちは!


今日は、先日room.202で開催された ”いのちのころも" さんの、展示予約会の様子をお伝えいたします。




みなさんは「アーユルヴェーダ」を知っていますか?


サンスクリット語で「生命」と「科学」を組み合わせた言葉だそうで、

5千年以上の歴史をもつ、インド・スリランカの伝統医療です。




いのちのころもさんが作る衣類は、このアーユルヴェーダで使われる薬草によって染められています。





日本で縫製された衣を自らの手でインドへ運び、

現地で一枚一枚染め上げたものを持ち帰ってくるという、


ささやかで壮大なプロジェクト。


数年前にたった一人で初めて、今では全国で予約会を開催するようになられたということです。




ただ「好き」という気持ちから始めたという、

主催者さんの芯の強さにただただ感動してしまいました。







優しい素材で丁寧に作られた衣たちは、

インドでカラフルに変身して、お客さまの元に届けられるそうです。





自然の素材から、こんなに鮮やかな色が生まれるなんて驚きです!





アーユルヴェーダの薬草には様々な効能や意味があり、

その中から、自分にあった組み合わせを選ぶことができます。


効能がわかる診断書を元に、皆さま楽しそうに色を選んでいました。






また、作家さんたちとコラボレーションした

アーユルヴェーダ染の糸や布を使ったアクセサリーもたくさん並べられていました。


こちらもなんとも可愛らしく、優しい風合いのものばかりです。








最終日には、ハットがお似合いのアクセサリー作家、ちむちむさんも遊びにきてくださいました。







アメリカ先住民のお守り「ドリームキャッチャー」をモチーフにしたイヤリングや、

ボタンのようなまんまるイヤリングなど、どれもとっても可愛らしかったです!









ハナクマ荘のご近所、ヒンホイさんの特製スコーンとチャイも振る舞われ、

そこはかとなく心地よい空間。


管理人のはずの私も、思わずおしゃべりに加わり居座ってしまいました・・・









ものづくりを真剣に楽しむ作家さんたちと、

それを応援する方たちの温かさが満ちた、本当に素敵な2日間でした。




今回予約された分は、この春のインド行きで染められてきます。

ご帰国後の販売会が待ち遠しいですね!



販売会はもう少し大きな会場でされるということなので、

いのちのころもさんのフェイスブックのお知らせを要チェックです◎



また、ハナクマ荘では、小さな展示会やイベント、ワークショップなどを募集しています。

こじんまりとした空間ですが、興味がある方はぜひ一度見学に来てみてくださいね。


お問合せはContactからお気軽にどうぞ!




それでは、今日はこのあたりで。



いのちのころもさん、本当にありがとうございました!

すてきな旅になるよう祈っています!



================


【いのちのころも】


インドの自然に根ざして育った1000種類以上の薬草の中から 目的に応じて薬を数十種類ほどブレンドし、 何度も何度も布を漬け込むことで その薬効成分を定着させて作ります。


日本で製造、縫製されたものを インドの工房まで運び、アーユルヴェーダの科学者と薬草を選び 自らの手で染めています。


衣の背景にある 南インドの風景、職人さんの想いも 一緒にお届けしていきます。


●Facebook>> https://www.facebook.com/tsumugi.ayus

●Website>>http://www.inochinocoromo.com/


59回の閲覧
  • Instagram
  • Facebook

ハナクマ荘|〒650-0013 神戸市中央区花隈町8-9

080-9014-6033 (9:00-19:00) |hanakuma.oya@gmail.com

© 2020 by ハナクマ荘